にょろんと。

ビーチコーミングとかおうちごはんレシピとかバリとか猫とか

BEACHCOMBING

三浦半島弾丸ビーチコーミングの旅!坂ノ下海岸で謎の骨を発見!?

更新日:

こんにちは、2019年も出来たら東京駅から1時間&千円以内!関東で気軽に石拾い出来ちゃうビーチコーミングスポットを探している方のにょろんです。

昨日、「異常気象で明日の予想最高気温は17度になるよ!」という天気予報にそそのかされ、日帰り弾丸鎌倉ビーチコーミングツアーにいってきました。

いったのは坂之下海岸、由比ヶ浜海岸、立石海岸、一色海岸の4か所。

あきらかに1日で回るには多すぎです…!というセルフ突っ込みはともかく、

今回の旅の一番の目的地は、去年関東で石拾いに行った中で、一番心を鷲掴みにされた立石海岸!

でも、前回はじめて立石海岸に行ったとき、バスから見える窓の景色に、ずっと海が見えていたので、

「こっちの海では何が拾えるんだろう?」

って、ずっと気になっていたんです。

結果は驚きの、

「立石海岸が一強!!!立石海岸がメチャメチャ強すぎて…!!!!」(※感想には個人差があります。)

そんな立石海岸の凄さを思い知る旅の始まり、まずは「坂の下海岸」からお送りしたいと思います。

 

「坂ノ下海岸」で拾えるもの前情報

「坂ノ下海岸」は由比ヶ浜の西側にある浜です。

「なぜ、数ある鎌倉のビーチコーミングスポットの中から、わざわざそこを選んだの?」

って聞かれたら、一番の理由は、正直なトコロ、群を抜いて交通の便が良かったから

なんと「坂ノ下海岸」は最寄駅から歩いて5分のビーチコーミングスポット。

バス停から歩いて5分はあるけど、電車の駅から5分ってのはまずない!

そう思いません!?

しかも、「坂ノ下海岸」の最寄り駅「長谷駅」は「鎌倉駅」から5分。

なにそれ超近い!!!

しかも「坂ノ下海岸」は去年にょろんが挫折した材木座&由比ヶ浜のすぐ隣の浜!

しかも由比ヶ浜より人が少ないぶん、いろいろ拾えるらしい。

ときいては、これはもうリベンジするしかない…!!!

ってことで、行ってみたんです。

ということなので、「坂ノ下海岸」で拾えるもの前情報は、立石海岸とおおよそ同じ。

  • 貝殻
  • シーグラス
  • 木片
  • 陶片
  • 動物の骨

のようです。

「動物の骨!?」

とびっくりしたんですが、鎌倉の海には、鎌倉時代に飼っていた馬や牛の歯やら骨やらが打ちあがるのだそうです。

このあいだ、材木座海岸の記事に、この辺りでは馬の骨が拾えると貴重な情報を頂いたので、それからすこし調べたのです。

そうか、このあたりの海で拾えるものは、陶器だけじゃなくて、骨もメイドイン鎌倉時代なんですね…!

なーんて思ってたんですが、まぁ、まさか自分が拾うなんて、思ってませんでしたよね。

でも拾っちゃいました。

これです!!

坂ノ下海岸・謎の骨

坂ノ下海岸・謎の骨

これ、にょろんのこぶしくらいのサイズです。

あきらかに大型哺乳類の骨…!

 

「坂ノ下海岸」の干潮時刻

「坂ノ下海岸」ににょろんが石拾いに行ったのは、2019年2月7日。

干潮時刻は、お昼の12時14分。

有難い…!

いくら天気予報で最高気温17度の予想が出ているとはいえ、真冬ですからね。

真昼間だとそれにあわせ予定も立てやすい。

ということで、いくつか海を回るつもりだったので、午前中には鎌倉の海につくつもりで予定を立てました。

ここみて、そうだ!干潮時刻調べなきゃ!ってなったかたのために気象庁の「坂ノ下海岸」の干潮時刻のページを貼っておきますね。

 

鎌倉駅から「坂ノ下海岸」までの道順とコンビニ・トイレ情報

鎌倉駅

鎌倉駅

というわけで、旅の始まりはここ、鎌倉駅からお送りします。

家を出る時には、外はかつてない濃霧の真っただ中。

電車も濃霧で遅延しまくりで

「天気予報の大ウソつきー!!!」

と天気予報を呪いながらも予定通り家をでる私たちが一番のバカ!!!と思っていましたが、鎌倉駅についた時には晴れてました!しかも予報通りあったかい!!

ありがとう、天気予報!君を信じてよかった!!!(ゲンキン!)

江ノ電乗り換え口

江ノ電乗り換え口

JR鎌倉駅から江ノ電への乗り換えは、駅が中で繋がってるのでラクチン迷わない!

江ノ電

江ノ電

おおー!路面電車かわいいー!

いっきに旅情気分マシマシです。

長谷駅

長谷駅

なんて旅情気分に浸る暇もなく、乗って5分で長谷駅到着です。

早い!!!

長谷・駅前地図

長谷・駅前地図

駅前にあった地図です。

地図を見るとちょっと歩く感じ?なイメージですが、ほんとに海までは5分と掛かりません。

長谷・百円ショップ

長谷・百円ショップ

海の前にもローソンが有るんですが、駅を出たところにもキャン★ドゥがあります。

坂ノ下海岸への道

坂ノ下海岸への道

そして道順はというと、駅の改札を出たところで、すでに矢印が出ています。親切!

坂ノ下海岸への道

坂ノ下海岸への道

っていうかもう、駅を出たところですでに海見えてます。

(でもこのまままっすぐ直進は出来ないので、ちょっと迂回が必要です)

坂ノ下海岸への道

坂ノ下海岸への道

海に行く道なりには、おしゃれなカフェがいっぱいです。

坂ノ下海岸への道

坂ノ下海岸への道

お昼は鎌倉に戻って食べるつもりだったけど、この周辺で食べるのもアリでは!?

坂ノ下海岸への道

坂ノ下海岸への道

プリン工房「可愛い娘たち」も気になりますが、横のビールと餃子の立て看板に目が釘付けのにょろんです。

坂ノ下海岸への道

坂ノ下海岸への道

直進して道路に突き当たったら、この信号を右。

坂ノ下海岸・星の井

坂ノ下海岸・星の井

星の井通りの信号で左折。

坂ノ下海岸の前の道

坂ノ下海岸の前の道

そしたら海に出れます。

坂ノ下海岸の前の道

坂ノ下海岸の前の道

コンビニは写真を失敗して映ってませんが、この信号を右手に曲がったすぐにローソンがあります。

トイレもそこで借りられますが、隣の由比ヶ浜にも公衆トイレがあります。

 

「坂ノ下海岸」で拾えたもの

坂ノ下海岸・信号

坂ノ下海岸・信号

というわけで、この信号渡って、右側が坂ノ下海岸!

実は、地図を見ただけだと坂ノ下海岸と由比ヶ浜の境界が明確にわからなくて、さんざん悩んだのです。

でも、グーグル先生が「坂下」と呼ばれている地名はこの信号から西だと言ってるので、

坂ノ下海岸

坂ノ下海岸

この信号から海に出てスロープより右のこっちが「坂ノ下海岸」、

由比ヶ浜海岸

由比ヶ浜海岸

こっちの左が「由比ヶ浜」

ってことであっている…!のではないかと思います。

坂ノ下海岸

坂ノ下海岸

さて、どんなかんじの海なのかな?とドキドキしながら浜に降りました。

坂ノ下海岸のようす

坂ノ下海岸のようす

そしたら、前評判通り、サラサラの砂浜にまじっていろんなものが落ちてます。

坂ノ下海岸・危険なガラス片

坂ノ下海岸・危険なガラス片

しかし、ガラスはここでも丸いシーグラスじゃなくて、さわったら手を切りそうなガラス片です。

坂ノ下海岸・シーグラス

坂ノ下海岸・シーグラス

と思ったのですが、探したら尖ってるのに混じって、丸いシーグラスもありました!

坂ノ下海岸・おはじき

坂ノ下海岸・おはじき

おはじき発見!と差し出されたので、「くれるの?」って聞いたら、「ううん。見せただけ」とのこと。

坂ノ下海岸・さざえ

坂ノ下海岸・さざえ

さざえの貝殻おっきい!

坂ノ下海岸に落ちていたもの

坂ノ下海岸に落ちていたもの

穴の開いた石や、ノジュールっぽい石も。

坂ノ下海岸・謎の骨

坂ノ下海岸・謎の骨

なんて言ってたらこれですよ!

これ、どうぶつの骨では!?と思ってひっくり返したら、

坂ノ下海岸・謎の骨

坂ノ下海岸・謎の骨

やっぱりそうだ。

でもこれ何の骨です?!

そして、なぜどうやったら、こんな骨が縦にまっぷたつになるんです!?!?!?!

自然に縦真っ二つって、考えられないですよね?!

坂ノ下海岸・あわび

坂ノ下海岸・あわび

あわびの貝殻が虹色で、持って帰らないけど気になるものとしてパシャリ。

坂ノ下海岸・チリボタン

坂ノ下海岸・チリボタン

たぶん、君はチリボタン…かな?

坂ノ下海岸

坂ノ下海岸

横に広大に広がる由比ヶ浜と比べると、ほんとに猫の額のようにちいさな浜なんですが、逆に小さい中に密集しているので見つけやすい!

いくら見つけたからって、こんな大きな骨拾って帰ってどうする!?

といいつつ、なかなか骨をあきらめきれず、もったまま海岸をうろうろするにょろんでした。

 

「坂ノ下海岸」の帰りにレインボーマラサダを食べてみた!

坂ノ下海岸・マラサダ

坂ノ下海岸・マラサダ

天気予報通り、お日様ぽかぽか真冬とは思えない温かさだったんですが、海風が尋常ならざる強さだったため、粘るのはあきらめ早い目に次の浜に移ることに。

のまえに心残りは、立ち寄ったのはさっき通り掛けに見た、レインボーマラサダ!

だってレインボーなんですよ!?

気になるじゃないですか!

お店に入って訊いてみたら、テイクアウトも出来ますとの事。

坂ノ下海岸・マラサダ

坂ノ下海岸・マラサダ

というわけで、これです!

おおー、外からはよくわかりませんでしたが、中はホントにレインボー!

これは気分がアガる!

 

「坂ノ下海岸」で拾った石で思い出の『私が拾った石図鑑』作り!

そして今日、帰ってきて恒例の「坂ノ下海岸」で拾った石で思い出の『私が拾った石図鑑』作りました。

「坂ノ下海岸」で拾った石で思い出の『私が拾った石図鑑』訂正版

「坂ノ下海岸」で拾った石で思い出の『私が拾った石図鑑』訂正版

特筆すべきポイントは3つ、

  • マツバガイの謎のキュートさ
  • 坂下海岸にもカニ?貝?ウニ?の化石が!
  • 明治以降のものかな?な陶片がすごく薄くて繊細!

です。

あの骨はどうした!?

って聞かれたら、

あれはにょろんのコレクションではないと判断しました。

あれを持って帰るかどうか、本気で悩んだんです。

でも、そしたら、そのようなアレに言われたんです。

「そこは自分に正直に、本当に自分が欲しいもの以外、拾うな。」

って。

それで思ったんです。

たしかに、骨はメチャメチャ珍しい!

あれが何なんか、本気で超気になる!!!

でもじゃあほしいかっていったら、ほしくない…

骨はまだ、にょろんのシュミの守備範囲じゃないんだ…

ただホントに知的好奇心として、気になってるだけなんだ……

だったら、持って帰ってくるんじゃなくて、写真で十分。

あとで調べられるようちゃんと写真を撮ってくれば、好きなだけいくらでもいつまでも調べられる…!

これまでだって悩むまでもなくフィーリングでそうやって処理してたんです。

でも、ビーチコーミング13回目にして、にょろんはやっとハイレア品を前にして持って帰るか帰らないか明確な線引きのもと判断出来るようになりました!

 

「坂ノ下海岸」で拾った謎の骨の正体は?!

というわけで、そこまでいったからには拾った骨の正体に迫りたいところなのですが……結論から言うと……すみません、わかりません。

なんとなく直感で、馬の腰椎(の一部)では?と思ってインターネットで画像検索かけてみたんですが、似てる気はするものの断定にはいたらず……

以前、海でイノシシの奥歯を見つけた時には、

「ザ!完全一致!!!」

って感じでまさにインターネットにあった画像そのまんまだったため、十中八九、イノシシの奥歯だとおもう!って言えたんですが、今回はそこ迄の確証が無く……

いつかにょろんがもっと知識を身に着けた時、解き明かされる謎として、未来の自分に託したい…!と思います。

あるいは、皆さまからの貴重な情報をお待ちしております…!

 

まとめ

というわけで、今回は三浦半島弾丸ビーチコーミングの旅!坂ノ下海岸で謎の骨を発見!?をお送りしました。

まとめると、「坂ノ下海岸」のいいところは、鎌倉駅からすぐそこ&なのに色々拾える!ところ。

お宝を見つけるのが下手と評判のにょろんでも、噂通り

  • 貝殻
  • シーグラス
  • 木片
  • 陶片
  • 動物の骨

など、隣の材木座や由比ヶ浜ではにょろんが見つけることが出来なかったお宝を見つけることが出来ました。

今回は弾丸ビーチコーミングツアーという事で寄っている時間が無かったのですが、近所には鎌倉屈指のアジサイの名所として有名な長谷寺もあるし、まわりにもオシャレなカフェがいっぱいだし……またそのうち鎌倉散策にいくことがあったら、いっしょに「坂ノ下海岸」も覗きに行きたいな!

そう思ったにょろんでした。

 

アクセス情報

坂ノ下海岸

所在地 〒248-0021 神奈川県 鎌倉市 坂ノ下

交通アクセス 江ノ電長谷駅から徒歩5分

 

-BEACHCOMBING

Copyright© にょろんと。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.