にょろんと。

ビーチコーミングとかおうちごはんレシピとかバリとか猫とか

OTHER

入場証は必要なし!2020年・浅草・酉の市に行ってきました!

投稿日:

こんにちは、かれこれ10年以上、毎年、浅草の酉の市に通っている方のにょろんです。

といっても、にょろんが通っているのは、

浅草酉の市の代名詞!

超!!!!

大!

行列!!!

鷲神社…のほうではなく、

お隣の長国寺のほうなんですが。

でもですよ、

鷲神社と長国寺は、隣り合う神様と仏様。

入口は別でも、実は、中の境内で神社と寺は繋がっているんです。

※今年は仕切られていて寺と神社の行き来はできないようになっていました。

ので、毎年行っている長国寺の酉の市に今年も行ってきたので、今年の酉の市の様子と合わせて、となりの神社の様子やら付近の屋台の様子やらを今回はお送りしたいと思っています。

今年は三の酉まである年!酉の市はもう一回残ってますし!

そんなこと言われたって行きたいけど、今年は事前に往復はがきで入場証申し込まなくちゃならなかったんじゃなかったっけ?難易度高い!!

って今年は諦めているかた多いんではないかと思いますが、

寺だけじゃなくて神社のほうも、事前入場証は無しでも入れるように変更になっていました!

(※ただし、混んでいる場合には入場制限している可能性もあります)

 

酉の市って?

当日の様子に移る前に、まずは酉の市ってナニ?なかたのため酉の市の説明をサラッと入れていくと、

酉の市とは、鷲や鳥にちなむ寺社の年中行事として知られ、関東地方を中心とする祭りのこと。

その中でも浅草酉の市は、江戸時代後期から著名な浅草の鷲神社(おおとりじんじゃ)と酉の寺 長國寺(とりのてら ちょうこくじ)境内で行われた酉の市であり、同敷地の東隣には新吉原という遊郭が存在し、酉の市御例祭の日には遊郭内が開放されたといわれ、地の利も加わり最も有名な酉の市として現在に至る。規模(熊手店約150店舗・露天約750店)賑わい(毎年70万人~80万人の人出)とも日本一の酉の市である。

酉の市Wikiより

というわけで、ひとことでいうと、

酉の市とは露店で威勢よく手締めして「縁起熊手」を売る祭のことです。

(おいおい身も蓋もない…な説明ですが、ウィキにそう書いてあるのでここは断言して間違いないかと!)

 

浅草酉の市のいつもの様子

浅草酉の市と言えば、関東住まいのひとには一度なり耳にしたことがあるんではないかと思われる、大規模かつ有名なお祭りです。

言葉で語るより写真の方が早いかと思うので、去年行ったときに撮った写真をはると(去年行ったときにも、記事にしようと写真を撮ったものの、記事にしそびれたようです)

2019年・酉の市の様子

2019年・酉の市の様子

遠巻きに見た感じはこんなかんじで、

2019年・酉の市の様子

2019年・酉の市の様子

前まで来るとこんなかんじで、

2019年・酉の市の様子

2019年・酉の市の様子

中の様子はこんな感じ。

ね!?なんかもう現実の光景とは思えないような幻想風景!!!

 

酉の市の空いてるおすすめ時間帯は?

夜に行くとホントにこんなかんじに幻想的に綺麗なんですが、ひとことでその体感をのべると、

境内の中は、光る洗濯機の中!!!

煌々と光る無数のオレンジの光の下を濁流のような人の波が渦を巻いてるような状態になります。

立地上、夜は仕事帰りにサラリーマンのかたが会社の人たちと大勢で連れだって来ているような印象です。

なので、混雑が苦手なかたは、夜より昼時間帯、可能なら午前中が狙い目です。

酉の市は例年11月の酉の日に行われる祭ので、年によっては土日が祭りの日に当たることがあります。

なので、にょろんも土日がお祭りの年に当たる年には、混雑を避け、昼間の間、それも午前中に行っています。

 

混んでるのが苦手な人は、長国寺がおススメ!

コロナ禍の今年はまったく外に列はありませんでしたが、それでも例年だと、昼間でも正午過ぎになると夜ほどではないものの、それなりの数の人が神社の境内から表通りの外に伸びる列を作っています。

なので、

アイム・ニューカマー!神社でもお寺でもどっちでもOK!まだどっちともご縁はない!

って方に、聞かれたら、にょろんのおススメは鷲神社ではなく、長国寺!

鷲神社と長国寺は境内でつながる神社とお寺なのですが、長蛇の列が出来るのは、鷲神社のほうだけ。

長国寺なら昼だけじゃなくて、サラリーマンがいっぱいの夜に来ても、列無しでするっと中に入れちゃいます。

(なぜ?と聞かれると、推測するに東京は仏教より神道を信じている人が多い……ということなんですかね…?

無宗教&東京で生まれ育ったわけではないにょろんには、そのあたりのこまかい江戸っこ感覚の機微がわからず、今回記事にする当たりいろいろインターネットを調べなおしたんですが、ピンとくる答えにたどり着けず…

酉の市の由来は、神道と仏教の双方からあるらしいのですが……

それが理由だとしたら、やっぱり東京は神道を信じている人が多い…ということなのかな??ううん??

いや、やっぱりなんか違う他の正解があるような気もするのですが、いまもって正解がわからず……!

 

とりあえず、そんなこんなで正解は横に置いといて。

にょろん、お前列に並ぶのがとことんできないくせに何でそもそもそんなお祭りに毎年行ってるんだ?

って聞かれたら、浅草酉の市なるお祭りがあると知っていってみようとした初めての年、

神社の境内からずらーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとどこまでも伸びている行列の余りの列の長さに、

「いや、2時間くらい並べば境内に入れるとか言われても、これに並ぶとかは無理中のムリ!!!!

とりあえず神社の前まで普通に公道を通り過ぎながら、光っている入口をパシャってくるのでよしとしよう!!」

と神社の前まで来てみたらですね、

なんと!神社のほうはくだんの列が出来てるというのに、お寺の方は列もなくするっと入れてしまい…

「これは…神社のほうとはご縁がなかったけど、お寺とはご縁があったという事では?」

と勝手な縁を感じ、以来、毎年酉の市が開催されると、長国寺の熊手と(三の酉迄ある年は火除け守りを)もらいに行っているという次第なのです。

ほんとに毎年行ってますが、長蛇の神社の列を傍目にお寺の方は、昼でも夜でも列無しで入れています。

 

今年の酉の市の日程とコロナ対策

というわけで、これが初めて書く酉の市の記事という事で説明が長くなっちゃいましたがそんなこんなで今年の酉の市の当日の様子にはいる…まえに、これだけはどうしても、な今年の酉の市の日程とコロナ対策を書いておくと、

2020年・浅草・酉の市/ポスター

2020年・浅草・酉の市/ポスター

今年、2020年の酉の市日程は、2020/11/02(月)、2020/11/14(土)、2020/11/26(木)。

酉の寺、長国寺のコロナ対策

酉の寺・長国寺は「往復はがきで申し込む入場証」は不要。

入場時に検温、指先の消毒、マスクの確認、COCOA確認(ない人は「健康チェックシート」記入)

長国寺の公式ページはこちらから。

鷲神社のコロナ対策

鷲神社は「往復はがきで申し込む入場証」が必要。

ただし、一の酉が終って、一部ルールが変更。

一の酉は密集になる時間帯が無く、往復はがきで申込み頂いた「入場証」の提示を必要とせず「健康チェックシート」のみの提出で境内入場が可能でした。密集対策のための往復はがきですので、二の酉・三の酉も混雑状況によっては「入場証」が無くても入場可能の場面があるかも知れませんが、混雑時は「入場証」が無いと入場をお断りする事になりますので「入場証」の申込みをお願いいたします。(公式ページより

ということで、確実に入りたいかたは三の酉の往復はがき申込期日は11月24日必着とまだ間に合うので、なるはやでお申し込みください。

といいつつ、二の酉をみてきたにょろんの私見でいうと、ほんとうに事前告知のおかげか全然人がいなかったので三の酉も入場証無しでもOKで入れちゃう可能性が高いと思います。

鷲神社の公式ページはこちらから。

 

地下鉄「浅草駅」から浅草酉の市までの道順

浅草酉の市の最寄駅は、

・東京メトロ日比谷線『三ノ輪駅』下車徒歩9分

・東京メトロ日比谷線『入谷駅』3番出口下車徒歩7分

・つくばエクスプレス『浅草駅』下車徒歩8分

・都電荒川線『三ノ輪橋駅』下車徒歩11分

・JR山手線『鶯谷駅』下車徒歩19分

・東京メトロ銀座線『稲荷町駅』下車徒歩19分

・東京メトロ銀座線『田原町駅』下車徒歩17分

・東京メトロ銀座線・東武伊勢崎線『浅草駅』下車徒歩20分

・都営地下鉄浅草線『浅草駅』下車徒歩22分

と、羅列するだにめっちゃいろいろあるんですが、

にょろんが今回ここに道順を案内するのは、都営地下鉄浅草駅からの道順。

たぶん酉の市に向かう人が一番つかうとしたらここ、そして道順は単純ながら20分以上歩くので途中で合ってるか不安になってくるのがこの浅草駅ではないかと思われます。

2020年・浅草・酉の市/浅草駅改札

2020年・浅草・酉の市/浅草駅改札

というわけで、地下鉄「浅草駅」改札口です。

2020年・浅草・酉の市/浅草駅改札

2020年・浅草・酉の市/浅草駅改札

向かう出口はA4,A5。

2020年・浅草・酉の市/地下鉄出口

2020年・浅草・酉の市/地下鉄出口

地上に出るとこんなかんじ。

2020年・浅草・酉の市/地下鉄出口

2020年・浅草・酉の市/地下鉄出口

おいしそうなプロントの看板を横目に、大通りへと向かいます。

2020年・浅草・酉の市/雷門通り

2020年・浅草・酉の市/雷門通り

大通りに出たら左折。浅草寺の雷門が見えていますので、そっちへと向かいます。

2020年・浅草・酉の市/雷門

2020年・浅草・酉の市/雷門

浅草寺迄きたら、信号をここでわたって、さらに大通りをまっすぐ。

2020年・浅草・酉の市/道順

2020年・浅草・酉の市/道順

国際通りとぶつかったら右折。

2020年・浅草・酉の市/道順

2020年・浅草・酉の市/道順

あとはこの国際通りをひたすらまっすぐ。

2020年・浅草・酉の市/たい焼き

2020年・浅草・酉の市/たい焼き

まっすぐ歩いているうちに、天然のたいやきで有名な浪花屋さんがあるので、おススメです。

2020年・浅草・酉の市/たい焼き

2020年・浅草・酉の市/たい焼き

にょろんはここで毎年たい焼きをゲット。

帰り道でどこかに座りたいという時には店内でイートインも出来るのでお勧めです。

2020年・浅草・酉の市/道順

2020年・浅草・酉の市/道順

さらにまっすぐむかうと、この交差点でどっちにいったらいいか迷いますが、正解は左。国際通りをそのまま。

2020年・浅草・酉の市/パトカー

2020年・浅草・酉の市/パトカー

毎年この通りを封鎖して参拝の列をここに蛇腹に並べているのですが、今年は道は封鎖されているものの、列は皆無。

2020年・浅草・酉の市/鷲神社

2020年・浅草・酉の市/鷲神社

つきました。

ひとがいない!!!

いや、毎年の行列を知ってる人には信じられない光景です!

 

2020年浅草酉の市・鷲神社の様子

2020年・浅草・酉の市/健康チェックシート記入所

2020年・浅草・酉の市/健康チェックシート記入所

入口の横に入場証をもっていないひと(&COCOAを携帯にインストールしてないひと)のため健康診断書を書くスペースが設けられていました。

2020年・浅草・酉の市/鷲神社入り口

2020年・浅草・酉の市/鷲神社入り口

今年の鷲神社入り口はこんな様子でした。

2020年・浅草・酉の市/鷲神社入り口

2020年・浅草・酉の市/鷲神社入り口

通りすがりに中を覗いた感じはこんな様子で…ほんとに中まで列がない。

2020年・浅草・酉の市/マスク販売所

2020年・浅草・酉の市/マスク販売所

神社をはさんでさらにとなりにはマスクをもっていない人の為に、マスク販売所も設けられていました。

 

2020年浅草酉の市・長国寺の様子

2020年・浅草・酉の市/酉の寺

2020年・浅草・酉の市/酉の寺

そしてこちら長国寺はというと、入り口前はこんなかんじ。

閑散としている…といっていいかと。

2020年・浅草・酉の市/酉の寺

2020年・浅草・酉の市/酉の寺

入口のところに、指先消毒用のスプレーを持ったスタッフの人がたっています。

2020年・浅草・酉の市/入口ポスター

2020年・浅草・酉の市/入口ポスター

入り口わきにさらにくわしいコロナ対策の注意書きが貼ってあります。

2020年・浅草・酉の市/入口

2020年・浅草・酉の市/入口

入り口を入ったところで、検温と問診。

ここでココアをインストールしてないと告げたところ、中に入った所にあるテントで健康チェック表を書くように言われました。

2020年・浅草・酉の市/境内の様子

2020年・浅草・酉の市/境内の様子

中の様子はおもったよりひとはいる…かな?

2020年・浅草・酉の市/境内の様子

2020年・浅草・酉の市/境内の様子

といいつつ、いつもを知っているとやはり寂しいには寂しい感じです。

2020年・浅草・酉の市/参拝

2020年・浅草・酉の市/参拝

参拝の列も、ほんの一列二列程度。

2020年・浅草・酉の市/お守り受け所

2020年・浅草・酉の市/お守り受け所

お寺の熊手と火除け守りをもらって、ミッションコンプリート。

2020年・浅草・酉の市/おみくじ

2020年・浅草・酉の市/おみくじ

毎年おみくじはここだけと決めているおみくじを今年もひいたところ、同行のそのようなアレも私も大吉!

来年はいい年になりますように………!!!!!

2020年・浅草・酉の市/おみくじ奉納所

2020年・浅草・酉の市/おみくじ奉納所

おみくじを結ぶ場所がいつもの場所になくて境内を右往左往したのですが、今年は場所が密を避けるため出口に変更になっていました。

 

2020年浅草酉の市・出店・屋台の様子

というわけで、境内をでてここからは付近の屋台を。

2020年・浅草・酉の市/出店の様子

2020年・浅草・酉の市/出店の様子

屋台全面中止になっている市もありますが、浅草酉の市は例年よりは少ないものの屋台やっていました。

2020年・浅草・酉の市/出店の様子

2020年・浅草・酉の市/出店の様子

思ってたより屋台賑わってる!

コロナ対策として屋台同士の間隔もあきぎみなので、それで人がいないともうほんとに淋しいムード満点になっちゃうとおもうんですが、そういうかんじではなく、お天気に恵まれたおかげもあって、みんなのんびり屋台フードをマンキツしています。

2020年・浅草・酉の市/屋台

2020年・浅草・酉の市/屋台

こういうイートインスペースのあるタイプの屋台も、どこもそこそこ盛況でした。

2020年・浅草・酉の市/ホットワイン

2020年・浅草・酉の市/ホットワイン

そんななかホットワインの文字に釣られてにょろんが立ち止まったのはこのお店(が店の前にだしている屋台)

2020年・浅草・酉の市/クラムチャウダー

2020年・浅草・酉の市/クラムチャウダー

クラムチャウダーも凄く気になりますが、

2020年・浅草・酉の市/あさりおにぎり

2020年・浅草・酉の市/あさりおにぎり

ほたてのおにぎり欲しすぎて買ってしまいました。

普段はチーズとワインのお店あらため、おでんとワインのお店らしいです。(ワインのお店にしようと思ったものの土地柄おでんのお店になってしまったとおっしゃっていました。

ワインが温まるまでのあいだしばらくお店のかたとお話をさせて頂いたのですが、やっぱりお店の人にとっても、今日は想像していたより人出があってうれしいとのことでした。

 

浅草酉の市で立ち寄るなら、但馬屋・太田垣商店さんの豆がおススメ!

浅草酉の市で立ち寄るなら、但馬屋・太田垣商店さんの豆がおススメです。

いつかのとし、偶然見つけてたちよって以来ファンになり、毎年酉の市にはかならずいって豆を大量買いする!!とにょろんのつれが心に誓っているくらい、美味しい豆屋さんです。

なのですが、酉の市の屋台群からお店がすこし離れているせいもあって、毎年いくたび道に迷って、

「ファミマのあるこの通りだっけ?いやファミマのない通りが正解だ……」

などと付近をウロウロ。

年によっては一帯を何周してもお店が見つからずとぼとぼ帰ってくることもある…

というわけで、

「にょろん!お前のブログに酉の市の記事と一緒にバッチリ店の名前と場所をのせておいてくれ!そしたら来年から道に迷わずに済むから!!」

と身内から頼まれたため、詳細に場所を綴ると、

2020年・浅草・酉の市/ガルボの交差点

2020年・浅草・酉の市/ガルボの交差点

但馬屋さんがあるのは、国際通りをスパゲティのガルボさんで曲ったとおり。

ここです、ガルボさん!

2020年・浅草・酉の市/但馬屋さん

2020年・浅草・酉の市/但馬屋さん

そしたら通りに入った最初の角が、もう但馬屋さん!

2020年・浅草・酉の市/豆屋さん入口

2020年・浅草・酉の市/豆屋さん入口

こう言うお店が好きな方はもう一歩店内に足を踏み入れただけでわかる!なかんじの昔ながらの量り売りのお店です。

2020年・浅草・酉の市/カレー豆

2020年・浅草・酉の市/カレー豆

イチ押しはカレー豆。

2020年・浅草・酉の市/お好み揚げ

2020年・浅草・酉の市/お好み揚げ

そしてこのお好み揚げ。

ちょっとお好み揚げはお高いのですが、食べたら分かる!味がぜんぜん違う!!!

2020年・浅草・酉の市/揚げ小丸

2020年・浅草・酉の市/揚げ小丸

今年初めてかった揚げ小丸もおいしかったです!

2020年・浅草・酉の市/揚げ餅

2020年・浅草・酉の市/揚げ餅

来年はこの、揚げもちを試したい!

まえにここの豆食べたさに普段の日に行ったらお店が閉まっていたこともあるので、立ち寄るなら酉の市の日がおススメです!

酉の市の日ならおおよそあいているようです。

 

まとめ

というわけで、今回は入場証は必要なし!2020年・浅草・酉の市に行ってきました!をお送りしました。

まとめると、

  • 浅草酉の市は、開催前は寺は入場証必要なし、神社は事前の往復はがきによる入場証が必要となっていましたが、現在、一の酉、二の酉終わった時点では、どちらも当日健康チェック表をかけば入場証なしでも入ることができます。
  • 入場証が必要と前もって告知されていたためか、めちゃめちゃ空いているのでいくならおススメです。
  • といいつつ、もし三の酉が大混雑だった場合には、入場制限をかける可能性があるので入場証無しで行かれるなら、ひとのいない時間を狙うのがいいかと思います。
  • 屋台も例年よりすこしだけ数は少ないものの、それでもいっぱい出ていて楽しそうな雰囲気でした!

という現地レポ、コロナ禍という非常時今年の覚書として、そしてこれからお出かけのかたの、なにかしら参考になれば幸いです!

 

-OTHER

Copyright© にょろんと。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.